小川哲平の不動産投資ConsultingNote

CFネッツ不動産コンサルタント小川哲平のコンサルティングノート









昨日はCFネッツきっての異端児コンビ、
ショウさんと私でランチミーティングへ行ってきました。笑






IMG_2564






弊社鎌倉本店から徒歩3分のところにあるお洒落なお店へ。









周りは98%女性客という店内で、






異端児二人の仕事論議が勃発しました。笑





 




アートが経済に与える影響力について


ロジカルシンキングによる視点の変化(進化)


人材育成から社内のマネジメントに至るまで、





 
周りの女性客が引くほど熱い話をしながら、
絶品のキーマカレーを食べてきました。








ショウさんも私も、
別業種からのCFネッツ入社ということもあり、






社内からの視点とは違う視点を持っているという共通点。






CFネッツに入社してよかったことの1つに、
このショウさんとの出会いがあります。







ショウさんと語り合う時間は、
いつものAMメンバーと語り合う時間とはまた違った雰囲気で、
本当に貴重で有意義なものでした。









「現状維持」という意識では、必ず成果は低下していきます。



「昨日より今日、今日より明日はもっと良くしていかなければならない」
こういう意識を持たなければ、今と同じ成果は出し続けられません。



そして、今よりもっともっと良い成果を出すためには、
「革命」を起こし続けなければならないのです。







私とショウさんは、
この革命家を目指しています。笑








CFネッツのさらなる飛躍のため、私たち二人も尽力を誓う。


 
 
そんなランチタイムとなりました。笑





いつもお読み頂きありがとうございます!!






 


【他言厳禁】仕入れ担当がこっそり教える新築アパート供給のウラ側


街行く度に目新しいアパートが建築されているほどの空前の新築アパートブームですが、
その実態は…。


アパート投資への融資額がバブル期を超えてもなお、依然として供給の手が止まないほどのブームとなっています。「今買うべきか買わざるべきか」お悩みの方も多いはず。

世の中に溢れている新築アパートの情報は、玉石混淆の状態であり、
『商品のパッケージ』的な「表面利回り」や「立地」に惑わされず、
『商品の中身』である「本質的な投資分析」が必要不可欠です。

アパート建売業者にて仕入れ営業を経験し、現在もアパート用地の仕入れを行っているCFネッツの不動産コンサルタント・小川が、自身の経験を元に、 一世を風靡しているアパートブームのウラ側と、ブームに左右されないアパート投資のポイントをお伝え致します。

ウラ事情をとことん盛り込んだ内容となっておりますので、少人数での限定開催とさせていただきます。 他言厳禁をお約束いただける方のみご参加ください。また業界関係者の方々のご参加もお断りさせていただいております。

下記内容に沿って進行予定となります。
構成の都合上、順番や内容を変更させていただく可能性がございます。
あらかじめご了承ください。

■セミナー内容
1.現在の首都圏アパート市況
2.新築アパート供給のウラ事情
3.アパート用地仕入れのウラ事情
4.ブームに左右されないアパート投資のポイント

講師紹介
小川哲平

◆株式会社シー・エフ・ネッツ
  アセットマネジメント事業部
  不動産コンサルタント 小川 哲平


◆保有資格
 宅地建物取引士
 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
 ハウジングプランナー

 枠線

【受講料】

 無料!
【開催日時】【会場】【お申込】

2017年11月4日(土)

受  付 13:00~
セミナー 13:30~15:00 

CFネッツ 東京本社
セミナールーム
東京都中央区銀座1丁目13-1
ヒューリック銀座一丁目ビル7階
東京メトロ有楽町線「銀座1丁目」駅徒歩3分
都営浅草線「宝町」駅徒歩3分
東京メトロ銀座線「京橋」駅徒歩4分


 
お申込締切日 11/3(金)
【ご連絡】

お申込フォームより、必要事項を記入のうえ送信してください。
お電話によるお問合せ・お申込みは、0120-177-213へお願いします。
最低催行人数に達しない場合は中止とさせていただく場合があります。

【当日の緊急連絡先】
株式会社シー・エフ・ネッツ企画課
セミナー事業担当0120-177-213まで


 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ