小川哲平の「シンプル」不動産投資術

不動産コンサルタント小川哲平が不動産投資を「より身近に」「よりわかりやすく」「よりシンプルに」噛み砕いてお伝えします。   ネタ切れの際には不動産コンサルタントの日常をつらつらと書かせていただきます。

2017年08月


image








勝ちましたねー!!
W杯予選では一度も勝てなかったのに。








































気持ち良くお酒が飲めました!






サッカーを観ててもそうなんですが、



プレイの特徴から、



なんとなくこの人はこんな仕事をしそうだな



と考えてしまうクセがあります。




何をしてても仕事に結びつける思考回路になっているんだなと以前から思っていました。





それにしても今日の人選は、
一人一人が特徴的な選手ばかりで、
オールラウンダーが少なかったですね!




これまでの日本代表チームは、
オールラウンダーを多く配置していたのですが。。




これも、
昨今の欧米的な思想が入ってきてるのかなと感じつつ。





それはさておき、
やはり組織として機能するには、
一人一人が歯車のように噛み合っていると、思いがけない力を生み出せるものですね!





今日の日本代表はそんな仕事環境の縮図を観ているようでした!




私自身もオールラウンダーを目指しつつ、




組織の中での役割をきっちり果たすことが重要だなと、観戦中にふと思った次第です。。




まあそれよりも試合に夢中でしたが。笑







いや、ほんとに日本代表おめでとう!!



ほんとに力を貰いました!





明日から日本代表を見習って、
バシバシ仕事していきます!!



いつもお読みいただきありがとうございます!!



image







昨日、以前の職場の方と食事に行ってきました。



長くいた職場だったので、
やはり居心地が良く、非常に楽しい時間を過ごせました。






IMG_2402








私が退職した後の状況を聞き、
力になりたいなと今でも思いました。


やり残した業務などの進捗を聞き、
申し訳ないなとも感じました。






そんな中で、
「転職してよかったですか」という質問。


私は正直に、
「良かったですよ!」と答えました。


これはこの1ヶ月間をCFネッツで過ごしてみての感想でした。
やはりお客様に対して、正直に誠実でいられるCFネッツは、精神衛生上も非常に良いものです。







また、
「なぜ辞めちゃったんですか?良いポジションがあったので辞めない方が良かったんじゃないですか?」という質問。


これに対しては、
回答に悩みました。









人によって「転職」に関する価値観はそれぞれだと思います。




年収が上がらなければ転職する意味はないという意見も多いと思います。


仕事が楽になるような転職でなければ意味がないという意見もよく聞きます。





そういう考え方もアリだと思います。





ですが私は、
転職というのは仕事人生の中の一部に過ぎず、
その中で起こり得るイベントの1つに過ぎないと考えています。



ひとつの会社の中でずっと働くのもよし、

多くの会社を渡り歩くのもよし。



結局、一回一回の転職の成功・失敗というものは、
自分の仕事人生を終えた時にしか評価できないものだと思います。





その時その時に合わせて、自信を持って行動できていれば、
最終的には上手くいくものだと考えています。





現時点のポジションを重視するもよし。
現時点の年収を重視するもよし。
そして私はこの後50年の仕事人生を見据えて転職を選択しました。




これが成功か失敗かは、リタイアした時にわかります。
リタイアが楽しみになりますね!




昨日はそんな話で盛り上がりました。
お互い頑張っていきたいものです。




いつもお読み頂きありがとうございます!!












昨日、
以前の職場の時から仲良くさせて頂いている方と、
ご飯に行ってきました。



IMG_0914





戸塚にある日本酒の美味しいお店です。
とても美味しい日本酒が飲めました。 




お互いの近況の話から始まり、
そこからだんだんとディープな話題へ。。




その方は、横浜市内で広い土地をお持ちですが、
立地等の問題で有効的な活用方法がなく、
土地を遊ばせているような状態です。
この土地の活用方法について語り合いました。




また、
面白い食品関係の事業に携わられているので、
その将来性や活用方法などについて談笑しあっていました。



 

その方とは、以前から、
家族の話が1割・好きな時計の話が1割・残りの8割は仕事の話といった感じなので、話が終わる頃には本当に自分達は仕事が好きなんだなと感じます。





美味しいお酒と楽しい仕事の話があれば本当に幸せに感じます。
仕事が好きな人とのお話は本当に面白いです。



今後もその方とは色んな事業を作っていきたいと改めて思いました。




ちなみに、
その方は私よりも歳が下なのですが、本当によく考えられているなと感心させられています。




日本の若者の未来は明るいと私は感じました。





今日はそんな熱いお話でした。




いつもお読み頂きありがとうございます!!



 






今日は区分の契約でした。
今回は売却側の仲介のお仕事をさせて頂きました。



買主側の仲介業者さんは、
中国の方で、買主様も中国の方でしたので、代理でのご契約となりました。



文化が違うので面白いものですが、 
現金はすぐに用意できるので、現金で決済したいとのこと。



以前もそういった経験がありまして、
ボストンバッグいっぱいに札束を詰め込んで決済に来られた中国の方がいらっしゃいました。



日本人は、怖くてなかなかできませんよね。。





また驚いたのは、
話し言葉こそカタコトながら、日本の小難しい契約書をしっかり理解されていて、
やはりこの勤勉さと熱意が最近の中国を表しているんだなあと感じました。





土壇場で少し意思疎通の乱れがあったりもありましたが、、、





引き続き今後も日本の不動産業界に大きく影響してくる中国経済ですので、
良いところはマネさせて頂きながら、相乗効果が生み出せれば良いなと思います。





今後も海外の投資家さんとのお付き合いもあると思いますので、
海外の言葉を少しでも理解したいと感じることができた今日の契約でした。




これから以前の職場から仲良くさせて頂いている方との食事会に行ってまいります!




いつもお読み頂きありがとうございます!!







 






IMG_2372
※内容とは一切関係ありません。自慢の愛娘です。









今日は不動産投資の準備運動シリーズ第3弾です。


前回までをまだお読みで無い方はこちらをお読みください。

その1

その2



それでは5ステップのおさらいから。


準備運動① 理由付け
「なぜ不動産投資」をするのか


準備運動② 目標設定
不動産投資で「どうなりたい」か


準備運動③ 現状把握
「いまの自分」に適した手段・方法は何か


準備運動④ 基礎の基礎
「何を学ぶ」べきか 


準備運動⑤ 不動産投資第一歩目
「どのように」進めていくか


今日は第三弾ですので、
「現状把握」のステップです。










「いまの自分」に適した手段・方法は何か








この問いを自分に立てることです。





ポイントは


「今の自分」


「適した手段・方法」



の2点です。



前者に関しては、
前回までの2ステップを行なって頂ければ、
目標が定まっていて、自分がどのくらいの位置に立っているのかをイメージしやすいかと思います。



また、以前に立てた目標設定にこだわらず、
「今の自分」に対しての視点を持つことが重要だと考えています。


私で言えば、
先月までは経営者の自分として目標設定をしていましたが、
今は会社員としての目標設定をしています。



この違いは極端な例かもしれませんが、
立場が異なることにより「適した手段・方法」は大きく異なります。




なので常に「今の自分」の把握を行うことが重要です。








続いて、
「適した手段・方法」について。





こちらは何よりも、

その手段や方法を「知って」いなければ、

「適した手段・方法」は選択できません。




なので、「知識」が必要不可欠であると言えます。




例えばハワイに行きたければ、
飛行機または船でなければ行くことはできませんが、


飛行機や船を知らない人は、
いくらハワイを夢見てもたどり着くことはできません。



それと同じように、
目標があっても「手段」がなければ達成することはないのです。





以前も書かせて頂きましたが、


目標ややりたいことを紙に書き出して行くと、


そのほとんどは「時間」と「お金」が必要なことが多いです。




その「時間」と「お金」を獲得するための手段の1つが
「不動産投資」であると言えます。



みなさんが目標を達成するために必要な「選択肢」が不動産投資である可能性もありますので、


まずは「知って」もらうことから始めていただきたいです。





長くなりましたが、
「今の自分」に「適した手段・方法」がまだ見つかっていない方は、
その手段が「不動産投資」であるかもしれませんし、もっと別の方法があるかもしれません。



「不動産投資」に関して、引き続きブログを書いて行きますので、
少しでも興味のある方は、お読み頂ければ何か参考にしていただけるかもしれません。





今日はそんなお話でした。


いつもお読み頂きありがとうございます!!









このページのトップヘ