管理物件をご紹介頂く仲介業者さんから、

よくお褒めの言葉を頂くことがあります。





それは、




CFネッツさんの管理している物件は、
原状回復がしっかりされているので、お客様に紹介しやすいんですよ。
」と。






この言葉を頂くたびに、

原状回復は奥が深いなあ、と感じるのです。







原状回復工事というものは、

コストをかけようと思えばいくらでもかけられるところがあります。

壁紙や床、設備はもちろんのこと、スイッチプレートに至るまで、

ピンからキリまで多種多様な製品が選択肢として考えられます。






入居者様に喜んでもらえるなら、と突き詰めていくと、

そういったお金の使い方もアリだと思う反面、





やはり我々CFネッツがお付き合いしているオーナーさんは、

不動産「投資」をされているのですから、





やはり、
かけたコストがどのような利益をリターンしてくれるのか






その視点を欠かすことはできません。







行き過ぎず、至らなすぎず、

市場が求めるボーダーラインを見極めながら進められるような、

そんな原状回復工事をご提案できるよう、心がけています。







壁紙の張替え一つ、フロアタイルの張替え一つとっても、

投資効率を考えたうえで、お金を使いたいというのが投資家の性分ですよね。






あまりに切り詰めた工事内容では、

やはり仕上がった空間に違和感が残ることもあります。




かけたお金は「消費」ではなく「投資」ですから、

必ず還ってくるものだと考えてください







CFネッツのオーナーさん達が

この考え方に共感をし続けてくれたおかげで、

冒頭に書かせて頂いたように、仲介業者さんから信頼を得ることができ、

より多くのお客様にご紹介頂けているのだと思います。






不動産業界にこういった好循環を生み出すことはまだまだ希少で、

価値のある仕事です。






改めてオーナーさんたちと協力し合い、このCFネッツから、

賃貸市場、ひいては不動産業界全体が良いスパイラルに入れるよう、

この考え方を広めていくことが必要だと認識しています。





そのためには、

もっともっと積極的なチャレンジを必要とします。

ぜひ引き続きお付き合いください。







きっと、良いリターンが実る投資になると思いますよ。