どうしても利回りが高い物件に目がいっちゃいますよね。 


その気持ちはよくわかります。


なんだか、
掘り出し物かもしれない。という気がしてきますよね。





でもそんなのは嘘です。(きっぱり)









私は毎日毎日物件を見ています。



もはや不動産フェチです。



土地を見ただけでもわくわくしてきます。








そんな物件オタクの私は、

利回りが相場より高いな、と感じたらその物件への興味が薄れます。








なぜなら、


・その利回りじゃないと売れない(=見えないリスクがある)

・売主に何かよろしくない事情がある


からです。





そこには何らかの意図的(人為的)な操作がある、というわけなんです。





もちろん全部が全部ではありません。

でも、掘り出し物なんて、

100に一つ、1000に一つ、、そんな程度です。





この感覚がないと、結構危険です。





利回りにはキャップレートという相場があります。




それを把握できていないと、危険な選択をしてしまいます。








ちなみに、

利回りが低くても、不動産フェチの私は興味をそがれます。。

なぜなら、そんな物件は簡単に作れる(供給できる)から。







適正なキャップレートに合わせた企画(ご紹介)をすることが、

私にとって最大のやりがいでもあります。








不動産投資では欲をコントロールすることもまた、

重要な要素かもしれませんねー