teppei_cfnets

小川哲平の「シンプル」不動産投資術

CFネッツ不動産コンサルタント小川哲平が不動産投資を「身近に」「わかりやすく」「シンプルに」噛み砕いて書いています。

5 8月

不動産投資のススメ







前回に引き続き、少し真面目なお話です。 
前回の記事を読まれていない方は、ぜひご一読ください。



「目標設定は重要です」







私の人生の前半戦のテーマは、
「いかに資産を築くか」ということです。






前回の記事にも書かせて頂いた通り、







これまで、私は自分自身にレバレッジ(てこの原理)をかけて、
自分自身がてこの原動力となり、一人で大勢の人を動かし、
年収を上げる方法を実践していました。







これには、自分に合った目標設定と、それを持続するだけのモチベーションが必要でした。







自分自身のマンパワーが必要だということです。









著名な経営者の方々は、
仕事に打ち込んでたら、いつの間にか資産が出来上がっていた。
みたいなお話をよく本などで見かけます。









私自身もそのストーリーに憧れ、
資産設計よりも、仕事を増やし年収を上げる方法にのめりこんでいました。







そして、前回の記事にもあるように、その途中で、





「自分にはこの方法は合っていない」




と気づきました。






もちろん、この記事を読んでいただいている方の中には、
無我夢中で仕事をしていたら、資産が出来上がっていたという方もいらっしゃると思います。





私はそれを否定するのではなく、



ひとそれぞれに合っているかどうかが重要である。



と考えています。




その一つの方法として、






「不動産投資」をおすすめしているのです。






ですので、全員が不動産投資を行う必要性は全くありません。






目的を達成するための「手段」でしかないということです。







料理をしない人が包丁を持っていても意味がないように、






目標がない方が不動産投資を行うことに意味はないと考えています。






話を戻しますと、







不動産投資を行うことによって達成できる目標は多いと思います。






皆さんもぜひ自分の人生でやりたいことや目標を紙に書いてみてください。










きっと、
「お金」と「時間」がかかることがほとんどだと思います。











私は年収を上げるために、「自分自身」にレバレッジをかけ、
疲れたり、モチベーションがブレたり、時間をどんどん消費していました





不動産投資では、金融機関の資力を「ローン」として利用することにより、
「不動産」にレバレッジをかけることができるのです。
不動産は、疲れもせず、モチベーションなどあるわけもなく、時間もほとんど消費することはありません。









これが「不動産投資」の魅力であると思います。








皆さんもぜひ一度、
目標ややりたいことを紙に書き出し、
それを達成するためにどんな方法が良いのかと考えてみて下さい。






そして、
「不動産投資」という手段もアリかなと感じた方は、
まず一度ご相談ください。








不動産投資が向かない、あるいはほかにもっと良い方法がある場合には、
決して不動産投資を勧めることはありませんのでご安心ください。







ぜひ、この記事を読んでいただいている方全員で、
私と一緒に自身の目標を達成していきましょう!





4 8月

目標設定は重要です









今日は少しだけ真面目なお話です。
















皆さんは、ご自分の資産設計をどのようにお考えでしょうか。
























私の友人・知人に同じような質問をすると、











「普通でいい」
「平均よりちょっとだけ稼げていればそれでいい」
「お金なんて悪いものだ!」












みたいな反応が大半です。





















そんな友人たちに、そんなのつまらねーよ!と
学生時代はよく説教をしていました。
















でもいまは自分の家庭を持ち、
平均的に生活することの難しさも理解しました。















社会には十人十色の価値観があることを理解しました。















なので今の私は、
そういった考え方や価値観を否定するつもりは全くありません。



















ですが、
シンプル不動産投資術という、
このブログを読んでいただいている方は、
きっと資産形成・有効活用を考えられていることと思います。




















ちょっと文脈が乱れていますが、、、










何が言いたいのかといいますと、




















「皆さんには皆さんに合ったそれぞれの資産設計がある」ということです。




















私自身、
中学時代に、家業の問題で経済的に苦労をした経験があります。















高校生の頃から、
「どうしたらゼロから資産形成ができるだろうか」と考えていました。





















そこで、ただ資産を作るだけでは、つまらない人生だなと気づき、
一生のうちにやりたいことを紙に書き出しました。













紙に書き出したことは、
簡単なことから、ほぼ無理だろうということまで様々でした。
























ただ一つ、
紙に書き出して気付いたことがありました。




































これは人並みの人生では、全然達成できないなということです。



















それから私は「とにかく年収を上げていこう」と決意し、
20代前半を駆け抜けていきました。












年収を上げるには、人並み以上の成果を上げなければいけない







人並み以上の成果を上げるには、一人の力では限界がある









だから自分が考えて、人に動いてもらって、何十人・何百人分の仕事をしよう












そう考えていました。












これが人の力を借りたレバレッジ(てこの原理)ですね。















一人の小さな力で、大きな力を生み出すということです。
















そうして、
年収を上げ、色々な目標を達成しました。
















そうやって仕事をしているうちに、
結婚し、家庭を持ち、子供が生まれ、
















私の価値観にある異変が起きました。




















年収を上げるとその分生活のグレードも上がってしまいます。













また、自分自身がてこの原理の原動力となっていますので、
精神的・肉体的にも限界が迫ってきます。。















大抵の目標も達成していくと、
色んな欲望も弱ってきます。















そこで気付くのです。





















自分の欲望よりも、
妻と娘のことのほうが大事だなと。













そうなってくると、
年収を上げるモチベーションも下がります。
















ちょっと長くなってしまいましたが、










「資産設計にはステージ毎の明確な目標が必要」だということです。













そうでなければ、
きっと途中で止まったり、あきらめてしまうと思うのです。








不動産投資にも、明確な目標が必要です。
「年金代わりに、退職後は毎月20万円のキャッシュフローが欲しい」といった明確な目標です。

















まず、この目標を立てれば、皆さんの資産設計の半分は達成したといっても過言ではないと思います。

















そして、この目標設定が、
皆さんの不動産投資家としての第一歩となります。









これから不動産投資を始めようという方は、
まずはこの目標を私と一緒に考えていきましょう!









もうすでに目標設定が終わり、目標に向かって走っている方は、
その目標が今の自分に合っているのか、今一度考えてみてください。











不動産投資には長い道のりがあります。
色んな事が起こります。












それを楽しんでいけたら、
それ以上幸せなことはないと思います。












是非、皆さんの目標のお手伝いをさせてください。










会社が閉まりそうなので、焦って書いていますので、
終始文脈が乱れてすみません。。。。。。












3 8月

環境の変化








今日ふと思いました。








ついこの前までいた職場はどうなっているんだろう。。




手がけていた企画やデザインは進んでいるのだろうか。。










私は、
つい先月まで代表を務めていた会社を辞任しCFネッツに入社しました。







CFネッツで不動産コンサルタントとして働きたいということはもちろん、
その他複合的な理由で辞任を決意しましたが、自ら喜んで辞任したわけではなく、








出来ればもう少し自分の会社でチャレンジしたかったという気持ちもあるのが正直なところです。














まあ今更戻るかと聞かれても絶対戻りませんが。。




















それはさておき、
なぜこんなことを思ったかと言いますと、












私は以前の職場では代表として、当たり前のように、自分の考える方法で、自分流のやり方で仕事をしていました。














が、いまはCFネッツの仕事の仕方・考え方に慣れることに必死です。











これが意外と難しい。。。












自分で自分の仕事の領域を把握出来てさえいれば、









それに基づいて目標設定し、方法を決め、スケジューリングし、実行するだけと極めてシンプルに仕事を進められますが、










いまの私はというと、、













誰が何を担当し、
どんな役割・義務があり、
優先順位がどうで、
基本的なルールがどうなっていて、
それよりも机が散らかっている、
デスクのシミが気になる、
デスクのレイアウトが良くないな、、
・・・











といった形で、頭の中がカオスです。。












まあ目の前のやるべきことが見えているので直近では困りませんが、












やはり当月から3ヶ月先くらいまでの仕事が具体的にイメージできていないと頭の中が落ち着いてくれません。。












早く覚えなければ、、、
といっても誰かに聞いて、教えてもらわなければ社内のルールというものはわからないものです。











明確な質問ならまだしも、
こんな曖昧な質問を山内さんにするわけにはいかないと私の脳内で結論は出ていました。
















さあ誰に聞こうか。。
















聞きやすい佐藤さんは外出中、、、




















石橋さん・重谷さんは忙しそう、、、

























よし
























とりあえず昼ごはんでも食べよう。












そんな感じで現実逃避しようとした私に救いの手が。














「飯一緒に行きませんか?」


















PMの鈴木さんでした。
(※この時初めての会話です)
















ぜひ、お願いします!と即答しました。



















お店に向かう道中も、
社内のことについて色々と教えて下さり、本当にありがたかったです。



















年齢は私の方が上ですが、
気持ちのケアもして頂き、尊敬できる先輩です。


















色々な話を聞きながら、
小洒落たイタリアンでパスタを食べました。(写真を撮るの忘れてました、、ブロガー失格ですね、、)











鈴木さん、ご馳走さまでした!












転職は何度か経験していますので、
こういった状況は初めてではありませんが、














何度経験しても苦しいものですね。。















それでも鈴木さんのように、
手助けをして頂ける先輩がいて下さることに本当に感謝です。
















CFネッツに入って良かったな
そう思いました。














良い方達ばかりです!













※これは隅田川花火大会の際の写真です。
一番奥窓側の席に座っているのが私です。




















早く会社の雰囲気に慣れて、
会社のやり方に慣れて、










自分のペースで仕事をしたいですね!










その為にもまずは目の前の仕事からひとつずつ集中してやっていきます!

 




Profile
小川 哲平
CFネッツ不動産コンサルタント

【経歴】
大学卒業後、ハウスメーカーへ

外資系IT企業へ転職

不動産への情熱を捨てきれず、建売企業へ

同企業の社内ベンチャー起業

不動産コンサルタントに

【保有資格】
宅地建物取引士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
ハウジングライフプランナー
損害保険募集人