小川哲平の「シンプル」不動産投資術

不動産コンサルタント小川哲平が不動産投資を「より身近に」「よりわかりやすく」「よりシンプルに」噛み砕いてお伝えします。   ネタ切れの際には不動産コンサルタントの日常をつらつらと書かせていただきます。







今日は私のこだわりをポツリと。




「デスクはまな板のように」




仕事のデスクは、寿司職人のまな板と同じように、




まな板は常に清潔で美しく


食材を切るときは食材だけをまな板に乗せ、余計なものは置かない




というのが美しいと思います。




まあ日々の業務に追われていると中々難しいのが本当のところですが、、、




でも業務が終わってから、帰社する前に
片付けて掃除して帰るようにしています。


IMG_0610



こうするとミスも少なくなり、
目の前の業務に集中できるようになります。



みなさんもこうしたこだわりがあれば是非教えてください。


今日もお読み頂きありがとうございます!











以前の職場の取引先にご挨拶に伺いました。




変わらず、よくして頂いて感激しました。







不動産屋の数はコンビニより多いのですが、意外と狭い世界なのです。







よく〇〇さんの知り合いだよね?
と声をかけていただくことがあり、びっくりします。
それも県外の方だったりします。 




またモラルの低いことや、業界のルールに反したことを行なっているとすぐにばれます。


一回そうしたことをすると、
瞬く間に知れ渡り、信用を失い、


仕事ができなくなる可能性がある業界なのです。




不動産業界人は、
常に誰かに見られていることを意識しなければならないと常々思います。




そういったネガティブな視点だけでなく、
不動産業界はとても人間味があり、暖かい世界です。




例えば、 
不動産業界で働く人たちは「ご縁」を非常に大事にしています。





不動産とは「水物」なので、
その時々の景気や人の動き、社会全体の動きに左右されていますので、
いくら安定的な業務を行おうとしても、なかなか難しいのです。




当たり前ですが、不動産はひとりでに動いたりしません。
必ず「人」を介して動きます。




そういったところから、
不動産業界人は「人」を大切にするようになったのです。





そのため、「ご縁」や「ご紹介」に重きを置くような慣習となりました。





こうして私が今日も楽しく働けているのは、
そういった不動産業界に関わる人たちの繋がりがあるからです。






不動産業界に限らず、こういったことは現在の平和な日本ではよくあることだと思いますが、



不動産業界は特にそういった関係性が色濃く現れていると思います。





最近、
新転地で働くことになり、
また、エリアを問わずにお仕事ができる環境となりましたので、
これまでお世話になってきた業界関係者の方々にご挨拶に回らせていただいています。



かなりご無沙汰してしまっている方も多いのですが、、、




皆さん、久しぶりのご連絡でも本当によくしていただいています。 




関わる人たちによくしていただく度に、
いつも感謝の気持ちを忘れてはいけないなと思うところです。




みなさん、いつもありがとうございます!



昨日・今日と良い情報をご紹介頂けて本当に感謝感謝です!
しっかりと成果を出して恩返しして参ります!



引き続き宜しくお願いします!!



 






今日は前職の時から仲良くさせて頂いている仲介業者さんから、
「いつもブログ見てますよ」と言って頂きました。


ありがたいです。
書いていく原動力になります!
いつもありがとうございます!




 

今日は、仕事道具編 第3弾です。



今日はこれまでのタイムマネジメントの視点とは変えて、
私のお気に入りの筆記具をご紹介致します。




こちらです。



IMG_2260




ロットリング トリオペンです。
価格は3000円くらいだったと思います。



ただのボールペンとしては高級な部類に入るかと思われがちですが、
こちらはただのボールペンではありません。



黒ボールペン・赤ボールペン・シャープペンの3種類が
一本に集約された優れものなのです。



また、通常の3色ペンは、
それぞれのスイッチが付いていて、それをクリックすることにより、
切り替えをしていますが、
私はそのスイッチがどうしてもデザイン的に好きになれません。。



こちらはペンデュラムという機能により、
ボールペンを傾けることによって、振り子が作動し、
その角度によって出てくる芯が異なるというものです。



これにより見た目はただのボールペンなのですが、
実のところ3種類の使い方ができるのです!!






と、
よく自慢していたのですが、
どうやらこのペンデュラム式のペンは私が子供の頃に
ブームがあったようで、、



「ふーん」



といった反応ばかりでした。。。。。






でも私は機能だけに惚れたわけではないのです。



私は通勤は手ぶらだったり、
極力荷物を減らしたくなるクセがありますので、
このペン一本で3本分持ち歩いているとちょっとした達成感のようなものがあります。



また何と言ってもそのデザインです。




MacやiPhoneと相性が良いのです!


IMG_2261




そう思いませんか?
私だけでしょうか。




ちなみに購入時はこんなデザインですが、



IMG_2264





今私が使用しているのはこちらです。


IMG_2263





なんか違いませんか?





そうです。
赤いラインを自分で削り取ったのです!




 
よりシンプルに仕上げることにより、
よりMacやiPhoneと相性を高めたつもりです。




ちなみに、
これは赤いペイントを削り取ったのですが、
思いついたのがみなとみらいのカフェで、



一人で夢中でガリガリやっていたのを、
周りの人が冷たい視線で見ていたことを記憶しています。。。





と、
私の話が長くなってしまいましたが、




このトリオペン、
一本で日常使う筆記具を全て賄えると思います。



また嬉しいことに、
愛好家の多いジェットストリームの替え芯にも互換性があります!
書き味はお好みで変えられるのです。
私はコストの面でジェットストリームの替え芯を使用しています。





ちょっと今日は文房具マニアのような切り口になってしまいましたが、、
日々仕事で使うモノにはこのぐらいこだわりたいものですよね!




また次回もお楽しみに。






このページのトップヘ